Top 注目情 報 施設案内 料金・地図 お すすめ商品 家庭内ユニット岩盤浴 リンパマッサージ 問合せ
マイナスイオンが血液に与える実験結果
マイナスイオンを浴びる前   マ イナスイオンを浴びた後
指先から取り出した直後の血液、赤血球 がくっつきあってドロドロの状態です。
 
マイナスイオンを浴びて 10分後の血液の様子、赤血球がパラパラとサラサラの状態になっています。
     
ロッカーキー・リングをつける前   血 行が良くなり体温が上昇

岩盤浴の汗
 岩盤浴 で出る汗は、運動やサウナで出る汗とは全く違う物質です。皮脂腺から供給される匂いもべとつきもない天然の保湿クリームというべき物質です。
 この保湿クリームは皮膚のうるおいを保って、角質層の水分が蒸発するのを防ぎます。
 シャワールームも完備しておりますが、シャワーを浴びず、涼み所で休憩し、汗が消えたらそのままお帰りいただまますと、お肌スベスベ効果が長持ちいたします。 皮膚美容上、フレッシュな皮脂で肌を おおうことは大変良いことなのです。たとえば、顔を洗ってすぐには皮脂は元の通りには出ません。季節や、個人差、部位差があり、速くて30分、遅ければ2 時間はかかります。
 真皮の血管の流れ良くすると、酸素と栄養が皮膚に届き皮膚の細胞は生き生きとなり ます。
 美容のためにマッサージをして血液の循環を良くしたり、岩盤浴にゆったりと浸かっていることの良さです。そうすれば、肌 の色も酸素の多い血液の色を内部から映し出して、生き生きとした肌色になるのです。

−−−−−−−−  参 考  −−−−−−−−−

皮脂
 皮脂は1日平均約1〜2g分泌されています。ただし、季節や 環境、年齢などによって変化します。気温が高くなると多くなり、低くなると少なくなってきます。
 また、年齢的に見ると幼児は少 なく、性ホルモンの分泌され始める思春期から分泌量が増し、20代前半をピークに年齢とともに下降していきます。特に女性にこの傾向が強く、肌荒れや小じ わの原因になることもあります。
皮脂腺エクリン腺アポクリン線図
皮脂膜の働き   
 皮膚のうるおいを保って、角質層の水分が蒸発するのを防ぎま す。
 角質層の水分が少なくなると、皮脂膜の水分が補給され、うる おいを保ちます。
 皮脂のなめらかさを保ち、皮膚を柔軟にし、なめらかでしなや かに保ちます。
 角質細胞の間にしみこんで、角片が一度にはがれないようにの りの役目を果たしている(細胞間脂質) 弱酸性を保ち、細菌やアルカリの害から皮膚を守ります。
運動(エネルギー消費)と皮 膚
 いつまでも若々しく美しくあるためには、適度な運動すなわ ち、エネルギー消費が必要です。
 適度な運動により、血行が良くなり、全細胞と内臓の働きも良 くなって、消化吸収が良くなります。
 また、ホルモンの分泌も順調になりますので、いろいろな皮膚のトラブルが起きることなく、 健康で美しい肌を保つことができます。
岩盤浴の消費カロリー
 汗1ccの気化熱=0.6キロカロリー  例.100ccの汗は、消費カロリー  60キロカロリー です。
遠赤外線は、各内臓、神経、ホルモンなどの機 能の働きが長時間旺盛になることで、全身の消費カロリーも多くなり長時間消耗され、ダイエット効果を出しやすくします。
 「美肌手帖」 ビューティサイエンティスト 岡部 美代治 監修




(C)桃源の癒  024-534-1119 Fax024-534-1221  〒960-8074 福島市西中央3-31-1(ヤッピーハウス内)